読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シナリオ☆おひとり雑技団

過去のシナリオ置き場です。無断転載はお断りしています。感想などはどんどん受付けています。

20枚シナリオ『一年間』

20枚シナリオ

『それが生きるってもんだ』

 

☆人物

岡本 玄介(68)末期がんの経営者

岡本 唄介(33)岡本の一人息子

岡本 冴枝(60)岡本の妻

巻島 正二(42)岡本の主治医

灰島 道夫(55)金融屋の社長

 

○××総合病院の前の道路

   銀杏並木が黄色く色づいている。

 

○××総合病院・消化器科の診察室

   岡本玄介(68)と妻の冴枝(60)、消化器科の医者、

   巻島正二(42)が向かい合って座っている。

   岡本はうなだれて首を下げている。

巻島「…膵臓がんは発見されにくい癌でして、進行が進んだ段階で医者にかかられる患者さんが多いんです…とても残念ですが…」

   岡本はゆっくり顔をあげる。

岡本「…末期ってことは…あと、何か月持つんですかね」 

  冴枝、はっとして、巻島に詰め寄る。

冴枝「せ、先生、化学療法とか放射線治療とか、何か手立てはありますよね。ねえ、先生」

巻島「…岡本さんの癌のステージでは手術をしても難しいので、岡本さんの希望をお聞きしながら、治療の方向性を決めて…」

岡本「(さえぎって)先生、いいんです。あと何か月か、はっきり言ってくださいよ!」

巻島「…4か月。た、ただし、病状が悪化しなければ、ですが」

岡本「…」

岡本、膝の上の拳を握り締める。

 

○雑居ビル・灰島のオフィス

   柄の悪そうな社員数人がデスクに向かって、電話をかけている。

   応接間のソファに足を広げて座っているのは、灰島道夫(55)、

   その向かいには、ちぢこまっている岡本唄介(33)。

灰島「二千万、返済期限が来週になっちゃいましたねぇ…そろそろ金の目途をつけてくれなきゃあ困るんですけどねえ…あてはあるんでしょう?」

唄介「な、なんとかしますから…頼みますから店だけは…」

   灰島は胸元から一枚の写真を取り出し、唄介に見せる。

   写真にはスーツ姿の岡本が社用車から出てくるところが写されている。

   唄介、写真を灰島から奪い取る。

灰島「お父様ですよねえ、立派な会社を経営してなさる…。今度お顔を拝見しに伺いに

いってもいいですかねえ?」

唄介「父とは絶縁しています…それに、僕のために金を支払いはしませんよ。…私が何とかしますから…」

   唄介、頭を深く下げる。

   灰島は意地悪く笑う。

灰島「かじれる脛はかじっておかないと」

 

○小さなレストラン・外観(夜)

   窓のカーテンの隙間から明かりがもれている。

 

○同・店内(夜)

   片づけられた机と椅子。

   唄介は椅子にこしかけ、頭を抱えている。

   唄介はテーブルに置いてある携帯電話を手に取り、電話をかける。

唄介「…あ、母さん。…久しぶり。…え、ど、どうしたの?」

 

○岡本家・玄関・内外(朝)

   冴枝が玄関のほうに小走りに走っていき、ドアを開ける。

   玄関の外に、唄介が下を向いて立っている。

冴枝「さ、入って。お父さんに会うでしょ?」

唄介「…いや、母さんの顔見にきただけだけ…

俺、当面、海外に行く。パスポート取りにきた」

  唄介は自分の部屋に向かう。

  冴枝はその後ろ姿を悲しい顔で見る。

 

○土手(夕方)

   岡本が土手の階段に腰かけて、ぼーっとしている。

灰島「岡本玄介さんですね」

   岡本が振り返ると、灰島が立っている。

岡本「…どうして私の名前を…」

灰島「二千万。息子さんが踏み倒して海外逃亡なさいましたよ」

岡本「…いま、なんと…」

   灰島は煙草に火をつけ、にたりと笑う。

 

○××総合病院・消化器科の診察室

   巻島のデスクに十二月のカレンダー。

   巻島と岡本が向かい合って座っている。

   岡本は目をぎらぎらさせている。

巻島「…4か月とおみたてした手前いいづらいのですが、…好転なさってますね」

岡本「…死ねなくなってしまったんですよ…毎日金策に追われていて…」

   岡本は深い溜息をつく。

巻島「…息子さんから連絡は…」

   岡本は首を横に振る。

岡本「(ぼそっと)あと、五百万…」

 

○おんぼろの木造アパートの一室(夕方)

   岡本、くたくたになって帰宅する。

岡本「…はあ、金の切れ目が縁の切れ目とはいうが、あの態度は何だ…」

   台所に倒れている冴枝に気が付く岡本。

岡本「おい、母さん、おい!」

  冴枝はぐったりとしている。

 

○雑居ビル・灰島のオフィス(夜)

   灰島が電話に出る。

灰島「これはこれは。…はい、…それは。大変でしたね…はいはい。私も鬼じゃないですからね、それは待ちましょう。はい」

   灰島は電話を切り、考え込む。

 

○丘の上の墓地

   丘の上の桜が満開に咲いている。

   墓石の前で手を合わせている岡本。

岡本「…癌で死ぬはずだった俺が生き延びて、健康そのものだった

お前が先にいくなんてな…」

   灰島がやってくる。

灰島「…岡本さん、お元気そうですね」

岡本「皮肉ですか…ははは、灰島さんの取り立てから解放されましたしね」

   灰島は岡本の隣に来て、墓石に向かって手をあわせる。

灰島「…私には息子がおりましてね」

   岡本は顔をあげる。

灰島「5歳で事故で亡くなりました。…妻とも離婚して、私は金貸し屋になりましてねえ。親を残して先に死ぬのは親不孝といいますが、岡本さんの息子さんは生きているかどうかも分からない、親の墓にも来ない…とんだ親不孝者。ですよね」

岡本「子供の尻をふくのが親の務めとは思っていますが…」

灰島「…ふける尻があるほうが幸せ…なんですかねえ」

   灰島は岡本に軽く頭を下げると、その場を後にする。

   岡本は墓石に向きなおる。

岡本「あいつはずっとそうだったよな、母さん。子供のころから親を泣かせる子供だった…」

   

○××総合病院・消化器科の診察室

   巻島が患者と話している。

巻島「…不思議なこともあるもので、とある末期の癌患者さんがね、余命をどんどん延長されているんですよ…何が起こるかわからないものですね」

   巻島、立ち上がって窓を開ける。

   蝉の声が急に大きくなり、風がそん札室を吹きぬける。

巻島「さあ、治療の話に移りましょうか」

 

○雑居ビル・灰島のオフィス(夜)

   灰島がデスクで書類の整理をしていると、ドアのノックの音がする。

灰島「…誰だ、こんな時間に」

   唄介がそろりとドアを開ける。

灰島「…ご無沙汰ですねえ」

唄介「大変遅くなりましたが…二千万をお返しに参りました」

  唄介は鞄から二千万の札束を取り出す。

  灰島は金に目をくれず、唄介を睨む。

灰島「どこにいた…何をしていた。どうして逃げた」

唄介「…なんとかしたじゃないですか、遅くなりましたけど、ほら、ここに」

灰島「…これは…受け取れませんねえ。半年前にお支払いいただいて

いますから」

唄介「…え…まさか」

   唄介は二千万円に目を落とす。

 

○土手

   土手の階段に腰かけている岡本。

   唄介が岡本を見つけ、近づいてくる。

   岡本、気配を感じて振り向く。

岡本「…おぉ。元気…そうだな」

唄介「…」

岡本「…母さんがな、お前のことをずっと心配していたぞ」

唄介「昔からずっと優しかった…」

岡本「なあ、唄介。不思議だなあ。世話が焼ける息子を持つと長生きになる…」

   唄介はその場に崩れ落ちる。

唄介「…ごめん、ごめん…ごめん」

   岡本、唄介の肩をぽんと叩く。

岡本「…この1年美味いものは何も食べていない…近いうち作りにこい」

   唄介、強く頷く。

岡本「母さんも喜ぶぞ」

   岡本、夏の青い空を仰ぐ。