読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シナリオ☆おひとり雑技団

過去のシナリオ置き場です。無断転載はお断りしています。感想などはどんどん受付けています。

20枚シナリオ『古傷』

20枚シナリオ

「ダウト・アウト・ダディ」

 

             

★人物

荒谷 直弥(33)(20) 美容師

藤ヶ谷 香澄(33)(20)直弥の元彼

荒谷 いずみ(39)直弥の妻

 

○渋谷・クラブ(深夜)

   大音量の音楽が流れる中、男女が激し

   く踊り狂っている。荒谷直弥(33)

   はカウンターに腰掛け、テキーラを一  

   気に飲み干す。

   藤ヶ谷香澄(33)がカウンターにや

   ってくる。荒谷の横顔をチラッと見る

   と、香澄は慌てた様子で去る。荒谷、

   振り返って、香澄の後ろ姿を見る。

 

○レディースクリニック・外観

   荒谷がドアから出てきて、遅れて、ハ

   ンカチで目を押さえている荒谷いずみ

   (39)が出てくる。いずみの目元は

   赤く腫れている。

荒谷「……もう、やめようか。俺、いずみが

 これ以上苦しむのを見たくない」

いずみ「今まで頑張ってきたのに? 父親

 なりたくないの?」

荒谷「そんなことないけど……こうやって言

 い争いになるくらいなら、俺は」

いずみ「私のせい? 私がこんな年上じゃな

 くて、普通の身体だったら、直弥は苦しま

 なかったよね」

荒谷「だから、俺はいずみのことが心配で」

いずみ「嘘つき! 現実から逃げてるだけじ

 ゃん。あなたが種無しだったら? 検査く

 らいしてよ!」

   荒谷、もっていたいずみの鞄をいずみ

   に押し付けると、去る。いずみ、荒谷

   の後ろ姿をぼーっと見つめる。

 

○渋谷・クラブ(深夜)

   肩でリズムを取って踊っている荒谷。

   露出した服を着た若い女が声をかける。

女「お兄さん、3万でいいよ」

荒谷「は?」

女「相手探してるんじゃないの? 私、ピル

 飲んでるから、色々面倒もないしさ」

荒谷「うるさい、消えろ」

   直弥、女の腕を振り払う。

女「何よ」

   女、荒谷の脛を蹴って、去る。荒谷、

   うっと屈み、脛をさすっている。

   ピンヒールの赤い靴が目の前に見える。

香澄「あなた、大丈夫?」

   顔を上げて、荒谷、驚いた顔。香澄、

   はっとして去ろうとするが、荒谷が、

   香澄の腕を掴む。

荒谷「逃げんなよ」

   香澄、ゆっくりと振り返る。

香澄「……久しぶり、やね」

 

○居酒屋(深夜)

   カウンター席で並んで酒を飲んでいる

   荒谷と香澄。香澄、赤い顔。

香澄「へえ、姉さん女房かー……意外やわ」

荒谷「お前はどうなん?」

香澄「結婚してる女がクラブで踊りまくって

 たら、それはどうなん?」

荒谷「そんなん言ったら、俺アウトやん」

香澄「男の人は仕事の付き合いとか言うて、

 ほんまは遊んでたりするんやろ?」

荒谷「その言い草、お前、バツついてんな」

香澄「バツ3、子供5人」

荒谷「え?!」

香澄「アホ。傷一つない綺麗な身体やわ」

荒谷「(まじめな顔で)それはちゃうやろ」

香澄「(まじめな顔で)……あんたが言うな」

荒谷「俺のせい、やったな」

   香澄、ワインをぐいっと飲み干し、そ

   して、机につっぷす。

荒谷「大丈夫か? タクシー呼ぼうか」

香澄「まだ、全然酔ってへんで?」

   香澄、目を開け、笑う。

 

○路上・タクシー・車内~車外(深夜)

   香澄がタクシーの後部座席でうとうと

   している。隣に乗り込む荒谷。

荒谷「(運転手に)笹塚まで」

香澄「(はっきりした声で)あ、降ります」

   香澄、荒谷の腕をとり、車外へ。

   タクシー、去っていく。   

荒谷「(呆れて)何考えとんねん」

香澄「私達さ、あんなことがなかったら、付

 き合ってたよね……結婚してたかも」

荒谷「そんな、たらればの話されても」

香澄「……たらればに、せえへんかったらえ

 えやん」

   香澄、荒谷に近づくと、唇を激しく吸

   う。荒谷、驚き、香澄の身体を引き離

   す。香澄は構わず荒谷の首に手を巻き

   つけ、再び荒谷に口付ける。荒谷も、

   香澄の腰に手を回し、それに応える。

 

○ラブホテル・部屋の中(深夜)

   ベッドの上、裸の荒谷と香澄が肩を並

   べて仰向けに横たわっている。

香澄「私ね……」

荒谷「何?」

香澄「何でもない」

荒谷「言いや」

香澄「ほんまはな……産みたかった。怖かっ

 たから、逃げたけど、直弥の子供、欲しか

 った」

荒谷「すまんかった」

香澄「昔の話や、もう……何なら、今から作

 る?」

   荒谷、香澄の上に覆いかぶさる。

 

○マンション・荒谷家・リビング(朝)

   ソファの前で膝を抱えて座っているい

   ずみ。うとうとしている。

   テーブルの上の携帯電話に手を伸ばし

   て、荒谷に再び電話をかける。

   いずみ、応答がないが、そのまま携帯

   電話を耳にあてて、ぼーっとする。

 

○渋谷・美容院・内

   15席ほど椅子があり、すべて客で埋

   まっており、スタッフが忙しなく動い

   ている中、客の髪をカットしている荒

   谷。いずみがドアを開けて入ってくる。

スタッフ(女)「いずみさん、今日予約入ってましたか?」

いずみ「(近づき)あなた? 直弥に手を出してるのは?」

   直弥が気がつき、顔をあげる。

スタッフ(女)「店長、いずみさんが……」

   荒谷、駆け寄ってきて、いずみの腕を

   取り、自分に引き寄せる。

荒谷「(スタッフたちに)ちょっと、悪い、

 外出てくる」

   荒谷といずみが店の外へ。

   スタッフたち、顔を見合わせる。

 

○渋谷・路上

   木陰で立って向かい合っている荒谷と

   いずみ。いずみ、俯いている。

荒谷「……悪かった。連絡もしないで……

 昨日はちょっと帰りたくなかったから」

いずみ「やっぱり年下の若い女の子のほうがいいんでしょ。どの子と浮気してるの?」

荒谷「(遮って)いい加減にしろ。職場に波風立てるとか、最低だぞ」

いずみ「ご、ごめんなさい。でも、私は赤ちゃんが欲しいの。幸せな家庭にしたいの。それだけなの!!」

   いずみ、持っている鞄で荒谷の胸元を

   殴り、そして、肩を下げて帰っていく。

   

○渋谷・美容院・内(夜)

   スタッフの女が花束を持って笑ってい

   る。スタッフたち、荒谷がそれを囲ん

   で拍手をしている。

スタッフ(男)「元気な赤ちゃん産めよ」

スタッフ(女)「ありがとう」

   荒谷、スタッフの膨らんだ腹を見る。

 

○路上(夜)

   携帯電話を耳にあてながら歩いている

   荒谷。

荒谷「……香澄、会いたい」

香澄(声)「私も。今から、来て」

荒谷「今から? 分かった」

   荒谷、きびすを返して駅に向かおうと

   する。角を曲がると、いずみが立って

   いる。

   いずみ、空ろな目で荒谷を見つめ、そ

   して笑う。

いずみ「行けば? 行きなさいよ」

荒谷「つけてたのか?」

いずみ「でも、私、絶対別れないからね。私

 はあなたの赤ちゃんを絶対産む。幸せにな

 るの……絶対」

荒谷「もう、やめてくれよ……俺は種なしな

 んかじゃない……それに種馬でもない」

いずみ「あ、あれは言い過ぎたけど、で

 も、夫婦の大切な問題に向き合ってくれて

 ないから」

荒谷「……そうだな、でも、俺は、子供の父

 親にはなれそうにないよ。ごめん」

   いずみ、その場に泣き崩れる。

   荒谷はいずみの横を歩いていく。

荒谷「もう、面倒なことはこりごりだ」

 

○渋谷区役所・外

   荒谷といずみが出てくる。

いずみ「じゃ」

荒谷「今までありがとう」

   いずみ、去っていく。

 

○渋谷・カフェ

   お腹のふくれた香澄が幸せそうに腹を

   触っている。

香澄「もうすぐ、パパが来るからね」

   カフェの外から香澄を見ている荒谷。

荒谷「……これで良かったのか?」

   香澄、荒谷に気がつき、手を振る。

   荒谷、ぎこちなく笑顔を浮かべる。

f:id:ka05teshi08:20160628064346j:plain