読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シナリオ☆おひとり雑技団

過去のシナリオ置き場です。無断転載はお断りしています。感想などはどんどん受付けています。

20枚シナリオ『死』

「屠所の羊は眠らない」

 

★人物

諸岡 雁(25)刑務官

諸岡 愁(20)諸岡の弟

五藤 すず子(57)死刑囚

木原 昭三(43)刑務官

 

 

○一軒家・諸岡家・居間(朝)

   テレビで天気予報が流れている。

諸岡雁(25)が立って歯磨きをし ながら、テレビを眺めている。

バタバタと足音が聞こえ、慌ただしく

居間に入ってくる諸岡愁(20)。

愁「やっべぇ、寝坊~。おはよ、兄貴」

雁「(呆れて)お前、間に合うのかよ」

愁「(舌を出して)ぎりぎり」

雁「学費払ってやってんだから、サボんなよ」

愁「分かってるって。今日、晴れ? 雨?」

雁「予報では曇りのち晴れ。でも、折り畳み傘は持っていけ。天気予報なんてアテにできん。朝の星座占い並に外れるんだ」

愁「あ、おとめ座、何位だった?」

雁「だから、当らないって言ってんのに」

 

○東京拘置所・外観

 

○東京拘置所・独房内

   白い浴衣姿の五藤すず子(57)が正座して、小さなテレビで映画を観てい

   る、黒沢明監督の白黒映画だ。

   刑務官の制服を着た、厳しい顔つきの雁が見回りするのが独房から覗ける。

すずこ「諸岡先生の弟さん」

   雁、ぴたっと止まり、すずこを見る。

すずこ「(テレビをみたまま早口で)愁君、

学校行っておりませんね。いつものアル

バイトに加えて、少し時給の高い引っ越

し屋でも働いております。お金にお困り

でいらっしゃるのですね」

雁「……誰に聞いた。気味が悪い」

   すずこ、指で窓の外を指す。

すずこ「諸岡先生をお救いするよう言い遣っ

たのですよ。私は悩めるアリ人を救うために存在しておりますから」

   すずこ、首だけ回して雁を見る。

   すず子は真顔のまま、またテレビを見る。すずこを気味悪そうに見る雁。

 

○同・刑務官控え室(夕方)

   机に向かって事務作業をしている雁。

   木原昭三(43)が手に持っている書類を雁の机に置く。

雁「(うんざりした顔で)またですか」

木原「若いうちに苦労しとけって。じじいに

なっても続けていけるようになるから」

雁「木原さんみたいになれと?」

木原「がははは。悪くないだろ?」

雁「(ふてくされ)絶対嫌ですよ」

木原「お前、さっき祈祷師に話しかけられて

たな。聞いたらいけないぞ、まさか、信じていないよな?」

雁「五藤すずこですか。……当然ですよ。祈祷師っていうか、詐欺師で殺人鬼で、気持ち悪いばばあじゃないですか」

木原「がははは。刑務官の中にはあいつの予言をアテにするバカもいるらしいぞ。詐欺師は相手に取入って心の隙間に入り込むプロだからな」

雁「本当にあいつが占い師なら自分の死刑決行日も分かるんですかね?」

木原「どうだろうな。俺たちだって朝一番に知らされて凹むっていうのに、事前に分かってたら気が狂うんじゃないか」

 

○東京拘置所・独房内(夜)

   薄い布団の上、正座して、窓を見上げているすず子。表情はない。

 

○一軒家・諸岡家・居間(夜)

   ソファの上で眠っている愁。

   雁が愁に毛布をかけようとすると愁が

目覚めて笑う。

愁「やべ。寝てた?」

雁「お前、バイト増やした?」

愁「え? あ、うん」

雁「まさか引っ越し屋?」

愁「何だよ、見てたの? 声かけてくれよ」

雁「え? 本当にそうなのか?」

愁「あ、ああ。先週から派遣短期で、サカ

イで週2シフト入れてんの。きつくて」

   雁、黙り込んでいる。

 

○東京拘置所・独房内

   すず子、正座して文庫本を読んでいる。

   その前に立っている雁。

雁「五藤、お前は手紙も接見も一切ないのに、どうやった。どうして俺の弟のことを」

すず子「さ来月の11日、関東で大きな災害がございます。ここも被災します」

雁「いきなり何だよ」

すず子「弟さんは来月東北旅行に行く計画を立てています。交際している女性とドライブに行くのです。残念ながら、弟さんはその女性を助けるために水死します」

雁「や、やめろ」

   すず子、顔をあげて、雁を見る。

すず子「信じていらっしゃらないんでしょう? 何を怯えているんですか」

 

○一軒家・諸岡家・居間(夜)

   テーブルの上に置かれた東北観光の

パンフレットを、雁が手に取る。

お風呂上りの愁が居間にやってきて、

愁「あ、それ、いいっしょ」

雁「……これ、いつ行くんだ」

愁「3月。バイト代ためて、彼女と」

雁「……やめろ」

愁「え?」

雁「やめろ。……俺がもう少し金出してやるから、行くなら沖縄にしろ。それか、

 2月にしろ」

愁「いや、彼女の地元なんだって。だから」

雁「か、彼女の家族も一緒に旅行に行けば

いい、そのほうが」

愁「どうしたんだよ、兄貴。最近変。どうしちゃったんだよ」

雁「だよな。俺、おかしいよな」

愁「うん。まあ、いいよ。兄貴は迷信とか

信じない代わりに、大体正しいし」

 

○東京拘置所・刑務官控え室

   ソファに座って雑誌を読んでいる木原。

   段ボールを運んでいる雁。

   部屋が大きく揺れ、雁は体勢を崩し、

   段ボールが手から落ちる。

木原「地震か?! 何だ、この揺れは」

   雁、はっと顔をあげると、壁に手をつ  

   きながら、部屋を出る。

 

○同・独房内

   他の独房内からざわめく声が聞こえている中、静かに窓を見ているすず子。

   雁がよろよろと独房の前に来る。

雁「五藤、お前が言っていたのは……」

すず子「日本は大きく変わりますよ。人々は

 絶望し、悲観的し、経済も滞るでしょう」

雁「お前は本物なんだな。本物の」

すず子「残念です。アリ人たちを導き、真の

心の故郷に連れていかねばならないのに」

   雁、その場にうずくまる。

 

○東京拘置所・刑務官控え室(朝)

   雁、カレンダーを新しくしている。

   カレンダーは『2011年5月』。

   雁、スマホを取り出し、メールを見る。

   占いのメルマガを見て、ほっとする。

雁「さそり座は仕事運いいのか」

   木原が部屋に入ってくる。

木原「さっき、聞いたんだが、今日、五藤すず子の死刑が決行される。……俺とお前、

 死刑決行人だそうだ」

雁「え……俺?」

木原「最悪だよ。気分悪いな。こればかりは

 何年働いていてもしたくねえわ」

   

○同・前室

   読経の声が響いている。

   すず子に目隠しの布を巻こうとする雁。

   すず子、雁の手をぎゅっと掴む。

すず子「諸岡先生、あなたが私を殺します」

   雁、目を見開き、固まる。

すず子「あなたの押すボタンで私は死にます」

   雁、手に持っている布を落とす。

   木原、雁に駈け寄る。

木原「五藤、無駄口を叩くな」

すず子「あなたは私を殺しませんね」

   木原、雁の蒼白な顔を見る。

 

○同・ボタン室

   年配の刑務官、木原、雁が、死刑決行のためのボタンを目の前に立っている。

   

○同・執行室  

   踏み板中央に立たたされ、縄を首にかけられているすず子。

○同・ボタン室

   壁の時計を気にしている所長。

   雁、自分を抱きかかえるようにして身体の震えを抑えている。

木原「しっかりしろ、3人でボタンを押す」

雁「違う……俺、俺が五藤を殺す!」

   所長が近づいてきて、雁の肩を叩く。

所長「誰だってそう思うんだ。心を静めろ」

   雁、首を横に振っている。

 

○同・執行室

   絞首され、ぶら下がったままの五藤。

   雁がフラフラと近づいていく。

雁「お前は悪人だったのか、それとも本当の救世主だったのか。俺の弟はあんたのおかげで死なずに済んだ」

   雁、頭を手で押さえてうずくまる。

五藤(声)「あなたに私の死を預けます。そして、私の力も。世の中を正しい方向に導くのも悪しき力に染めるのも、あなた次第です」

   雁、顔をあげる。

   五藤の身体が一瞬はねる。

   雁、目から涙を流しながら頷く。

 

f:id:ka05teshi08:20160628064241j:plain