読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シナリオ☆おひとり雑技団

過去のシナリオ置き場です。無断転載はお断りしています。感想などはどんどん受付けています。

20枚シナリオ 『憎しみの一瞬』

20枚シナリオ

『ゼロ銭ゼロ縁』

        

★人物

笠原 彩香(19)大学生

笠原 二郎(47)彩香の父

笠原 和子(45)彩香の母

安形 凛子(26)彩香の姉

 

 

○××銀行・△△支店・外

   通帳を手に持った笠原彩香(19)。

彩香「あと、少し……あと30万か……」

 

スガキヤ・店内(夕方)

   カウンターの中でバイトしている彩香。

   安形凛子(26)が店に入ってくる。

彩香「え、お姉ちゃん、どうしたの?」

凛子「元気にしてるかなって思って」

彩香「あと30分で終わるけど」

凛子「今日は家庭教師はないの?」

彩香「うん。だから、待ってて」

凛子「じゃ、ソフトクリーム貰おうかな」

彩香「まいどありっ」

 

○住宅街(夜)

   彩香と凛子が肩を並べて歩く。

凛子「大学出て結婚しても、まだ、奨学金払ってんだよ? たまにバカらしくなるわ」

彩香「あのバカと縁が切れてるんだから。いいいじゃん。私も早く家を出たいなあ」

凛子「あと数年の辛抱でしょ」

彩香「その前に、カナダに留学するから!」

凛子「バイト増やした理由はそれか。あんまり無理しちゃだめよ」

 

○笠原家・リビング(夜)

   ラップのかかった夕飯がテーブルの上に置いてある。その前に座る彩香、手

   を合わせてから食べ始める。

   ソファにふんぞり返って座っている笠原二郎(47)は鼻歌を歌いながら、

   ゴルフクラブを磨いている。

   彩香、ちらっと二郎を睨む。

二郎「(視線に気が付き)お前にも分かるか、このクラブの良さが……セットで50万

 や、安いもんやわ。男やったらな、プロゴルファーにでも野球選手にでもさせたるの

 に」

彩香「100万回は聞いた」

二郎「女が2人もいたら家計は赤字や、せめて良い家に嫁げばいいものの、凛子はしが

 ない公務員と結婚ときた。お前くらいは俺に夢見せてくれよ」

彩香「うちにお金を一銭もいれない人に、そんなこと言われたくない。お母さんが働い

 てくれたお金で私は大学に行けてるし」

   二郎、じろっと彩香を睨む。

二郎「この家を買ったのは俺やぞ。気に食わなんなら今すぐ出て行け」

   彩香、黙って夕飯を食べ続ける。

   二郎、立ち上がって、彩香のもとへ。

   いきなり、テーブルの上を手でなぎ払い、床に夕飯と食器が散らばる。

二郎「返事は? この家に住みたいんか?」

   彩香、しゃがみ、夕飯を手で拾う。

二郎「(イライラして)住ませてください、やろ? はよ言わんか!!」

   彩香の手の上に、二郎のはいているスリッパが振り下ろされ、彩香は二郎を

   下から睨み付ける。

二郎「この家に可愛げのある女は一人もおらんな……ったく」

   彩香、目に涙を滲ませている。

 

○同・彩香の部屋(夜)

   机に向かって、英会話を勉強している彩香。耳にイヤフォンをしている。

   壁には世界地図、国境なき医師団のポスター。白い紙に、「カナダ留学のた

   めに100万貯める!」と書いてある。

 

○N大学・外観(夕方)

   華やかな格好をした女子学生が門から出て行く。慌てた様子の彩香がその横

   を走っていく。

看護師の声「笠原和子さんの娘さんですか? 

 お母様が倒れて、救急車で運ばれました」

 

○N市立総合病院・病室(夕方)

   ベッドで眠る笠原和子(45)。隣の椅子に座り、肩を落としている彩香。

   慌てた凛子が部屋に入ってくる。

凛子「ちょっと、お母さんどうしちゃったのよ。脳梗塞?!」

彩香「倒れた時に頭を打ったみたいだけど、脳に異常はないみたい。過労だって」

凛子「……こんな日がいつか来るって思ってた。お母さんも年だし、今までと同じよう

 にガンガンに仕事してたらこうなるって」

彩香「大学、やめたほうがいいのかな……」

   和子が苦しそうに唸る。

凛子「何で私達だけが苦しまないといけないんだろうね。お金はあるのに。あのバカの

 せいで、お母さんはこんな風になって」

彩香「いっそのこと、死ねばいいのに。そしたら、保険金がおりて、お母さん働かなく

 て済むんじゃない? いっそ私達の手で」

凛子「あ、お母さん……お母さん!!」

   和子の目が開き、凛子、彩香が身を乗

   り出す。弱弱しく笑う和子。

和子「2人とも……ごめんね」

凛子「ああ、よかった!」

彩香「良くないよ、全然。だって、あのバカのせいでお母さんが」

凛子「彩香」

和子「ごめんね。お母さん、すぐ退院するから、皆で何か美味しいものでも食べに行き

 ましょう。豪華に、ひつまぶしでも」

彩香「そんなの要らない、要らないから!」

   部屋を飛び出していく彩香。

凛子「あの子、あの人と家に2人きりになるのがイヤでバイト増やしてるのかな」

和子「ごめんね、本当に……」

凛子「謝らないでよ。お母さん、すごく申し訳ないんだけど、病院代、うちから全額は

 出してあげられないかも」

和子「大丈夫よ、お母さん、念のために蓄えくらいあるし。それにさっさと退院しち

 ゃえば、そんなにかからないでしょうし」

   和子、急に頭をおさえて苦しむ。

凛子「ちょっと、か、看護師さん!!」

 

○笠原家・リビング(夜)

   ソファに寝転び、缶ビールを飲みながら、野球の試合を観戦している二郎。

   息を切らした彩香が入ってくる。

二郎「おお、早いな、今日は」

   彩香、テーブルの上のリモコンを手に取り、テレビを消す。

彩香「何やってんのよ。お母さんが倒れたの知ってるでしょ? 呑気に野球見てるなん

 て、気がおかしいんじゃないの」

二郎「帰ってきてそうそうにガミガミ。お前、男いないだろ。カリカリ、ガミガミ、

 おい、見ろよ。新しいゴルフバッグや」

   二郎、部屋の隅にあるゴルフバッグを指差して、ご満悦の顔。彩香、見るこ

   となく、二郎を睨みつけている。

二郎「いいやろう、別に」

彩香「そんな金あるなら違うことに使って」

二郎「あるとこにはあるんやな、これが(ニヤニヤ笑って)冷蔵庫に鰻あるぞ。食え」

彩香「もう、いい。話にならない!!」

   彩香、リビングを飛び出す。

 

○同・彩香の部屋(夜)

   彩香、机の引き出しを開けている。通帳を取り出し、見つめる。

彩香「お母さんが命を削って私の学費を稼いでくれていたから、私は将来の夢を見つけ

 られた……またバイトして貯めたらいい」

   通帳を机に置き、部屋を飛び出す。

 

○××銀行・△△支店・ATMの前(夜)

   彩香の後ろ姿。へやりと座り込む。

彩香「ない……どういうこと? 誰が?」

   彩香、はっとして、青ざめる。

彩香「まさか」

   彩香の携帯電話が鳴る。

   家の電話の音がそれに重なる。

 

○笠原家・リビング(夜)

   家の電話の受話器を手に取る二郎。

二郎「笠原ですが……え、しゅ、手術? こ、今晩? で、いくらかかるんですかね。なるほど。分かりました」

   受話器を置き、黙り込む二郎。

 

○N市立総合病院・オペ室前の廊下(夜)

   凛子と彩香、青い顔をして座っている。

凛子「ああ……神様、お願いします、神様」

彩香「あいつが、あいつが全部悪いのに。どうしてお母さんなの? どうして……」

凛子「今はあいつなんてどうでもいい」

   二郎がフラフラと歩いてやってくる。

彩香「今更何しにきたのよ」

   彩香立ち上がり、二郎の前に立つ。

二郎「金がいるんだろ」

凛子「来ないと思ってた」

二郎「手術に必要な金だよ。200万用意した、これで足りるだろ」

   二郎、茶封筒を取り出し、見せる。

彩香「いらない、いらない!!」

凛子「彩香、でも……」

二郎「俺にかかりゃ、数百万用意するのなんてちょろいんや。結局、俺に口答えしたっ

 て、こんな時は父親の俺が救いの神やろ」

   封筒を椅子の上に放り投げ、帰ろうとする二郎。彩香、封筒を取り、二郎の

   背中に投げつける。

彩香「一円も受け取らない。お金は私が絶対に用意する、何してでも!!」

二郎「ああ、俺にできないことがあったな。若い女にしかできないやつ、身体使えば

 簡単に稼げるじゃないか。あはははは」

   彩香、正面から二郎に掴みかかり、首を絞めようとする。凛子が慌てて制す

   るが、彩香の顔は鬼のようで、一向に手を緩めることはない。

彩香「一銭もいらない、縁を切って、お願いだから!!」