読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シナリオ☆おひとり雑技団

過去のシナリオ置き場です。無断転載はお断りしています。感想などはどんどん受付けています。

20枚シナリオ『サスペンスドラマ』

20枚シナリオ

サスペンスがなかなか思いつかず、3ヶ月くらい課題を書いておらず、まったくシナリオに触れずにいたら、案の定駄作になり、ライター仲間にもけちょんけちょんに言われました笑

 

今月から再びシナリオライターとして気を引き締めて、執筆も頑張ろうと思います。

 

 

カストラートというのは、少年期の美声を保つために少年の睾丸を切り取られた、去勢された少年の事を言うらしいです。期間限定の美声を持った少年と、その美声に取り付かれている少女のお話を書きたかったのですが、失敗><

_____________________________________

 

 

「拝啓、カストラート

             

人物

修道寺 雄平(12)(15)ソプラノ歌手

梅原 郁美(12)雄平の幼馴染

修道寺 綾子(31)雄平の母

寺田 レオ(40)綾子の彼氏

 

 

○繁華街・道

   ハサミのシャキシャキという音が響く

   中、息を切らして走るタキシード姿の

   少年の影と、それを追いかける少女の

   影。二人の足音が、ガヤガヤとした繁

   華街の中に吸い込まれていく。

○コンサートホール・舞台(夜)

   客席は満員。管絃楽団が演奏する前で、

   舞台の上に一人立っている、修道寺雄

   平(12)は、タキシード姿で、美し

   いソプラノの声を会場中に響かせる。

   客席の梅原郁美(12)は目から涙を

   流して聴き入っている。

○コンサートホール・控室(夜)

   衣装のまま、パイプ椅子に座っている  

   雄平、喉をさする。

   ドアを開けて、修道寺綾子(31)が

   入ってくる。顔が赤い。

雄平「(振り向く事なく呆れて)酒臭い」

綾子「(気にせず)で、どうだった?」

雄平「(答えず)……寺田さんは?」

綾子「外で待ってる」

雄平「そっ」

   立ち上がり、水を飲む雄平、苦しそう

   に喉をさする。綾子、じっと見る。

○コンサートホール・廊下(夜)

   綾子、スーツをきちっと着た寺田レオ

   (40)が肩を並べて歩く。

寺田「息子の舞台を見に行かなくていいなん

 て、君は本当にあの子の母親?」

綾子「私だって辛いの。ここまであの子を有

 名にできたのに、もう賞味期限はそこにま

 で来てるんだから!」

寺田「はっきり言うなあ」

綾子「あの子が売れて、生活が何とか立て直

 ったと思ってたけどさ」

寺田「それは僕と一緒になったらいいって」

綾子「レオ、子ども嫌いじゃない」

寺田「まあねえ。じゃ、親戚か誰かには?」

綾子「そんな、無責任な」

   寺田と綾子が角を曲がったところで、

   花束を持った郁美とぶつかりそうにな

   る。寺田と綾子、気まずい顔をして、

綾子「あら、郁美ちゃん」

寺田「これまた、でかい花束だな」

郁美「(にっこりと笑って)自慢の息子さん

 の一番のファンですし。失礼します」

   郁美が礼をして立ち去り、寺田と綾子

   は顔を見合わせる。

綾子「(ぼそっと)聴いてたと思う?」

寺田「まだ小学生のガキにどうこうできない

 でしょ」

綾子「女よ、ガキって言ったって」

   寺田、肩をすくめて笑う。

○コンサートホール・控室(夜)

   苛立った様子で雄平がペットボトルを

   壁に投げつけ、肩で激しく息をする。

   ノックをして、郁美が入ってくる。

雄平「(呆れた顔で)毎日、来るなよ」

郁美「雄平、今日の夜は何だか悲しい気持ち

 になったよ……さっき、あの人たちとすれ

 違った」

雄平「……もう、どうでもいいよ」

郁美「これからの事、ちゃんと考えてる?」

雄平「は?」

郁美「ボーイソプラノとしてどう生きるか」

雄平「どうもこうも、声変わりが近いよ、自

 分でも分かってる。だから、あの人の態度

 がああなったのだって……」

   郁美、雄平が投げたペットボトルを床

   から拾って、

郁美「(冷たく)捨てられるよ」

   雄平が固まっていると、郁美はペット

   ボトルを部屋の隅のゴミ箱に捨てる。

郁美「私が父親に捨てられたのは6歳だった

 けど、雄平は12歳で母親に捨てられる事

 になるね」

雄平「捨てるって、物じゃないか、まるで」

郁美「商品だよ。あの人にとってはね」

   雄平、郁美のそばにいって、首に手を

   かける。郁美、平気な顔で見返す。

雄平「もう一回言ってみろ」

郁美「でも、私、雄平の声を変えない方法を

 知ってる」

   雄平、目を大きく見開く。

○繁華街・道(夜)

   雄平、物陰に隠れて、激しく息をつく。

   郁美の呼ぶ声が遠くに聞こえる。

雄平「……くっそ」

   雄平、スマホをポケットから取り出し

   て、連絡帳を呼び出して、迷いながら、

   寺田に電話する。

雄平「まだ、マトモであってくれ!」

   呼び出し音鳴り続け、イライラしてく

   る雄平。影ができ、郁美が現れる。

   郁美の手には大きな裁断バサミ。

郁美「見ぃ~つけた!」

   雄平、振り返って青ざめる。

雄平「や、や、やめてくれ」

郁美「富と名声を得るために、何も犠牲にし

 なくていいだなんて、そんなバカな話はな

 いよ。来年中学生なんだから、それくらい

 分かるでしょ」

雄平「マジで、ないから! そこまでして、

 ソプラノの声がいいなんて思ってない!」

郁美「は? ここに一番のあなたのファンが

 いるのに! 自分のベストを尽くして!」

雄平「うるせえ、やめてくれ!!」

   郁美が雄平に近づいていく。

郁美「切るだけ。一瞬痛いかもしれないけど、

 大丈夫よ。女の人が出産するときの痛みと

 同じくらいかな。……お母さんが赤ちゃん

 を産む事ができるんだから、あなただって

 耐えられる(ぶつぶつと)」

   雄平、ぎゅっと目をつぶり、叫ぶ。

雄平「あああああ!」

   雄平の目の前が真っ暗になる。

   × × ×

   雄平が目を開けると、裁断バサミが胸

   に刺さった、血だらけの郁美の死体が

   地面に横たわっている。

雄平「……あ、あああああ」

   雄平、後ろにズリズリと下がって、震

   えながら、郁美の死体から目が離せな

   いでいる。雄平、ゆっくりと自分の手

   に目をやると、手は血だらけ。

雄平「……お、俺が?」

   雄平の目から涙が零れて、醜く歪む顔。

雄平「だ、誰か助けて……」

   雄平のスマホの音が鳴り響き、びっく

   りした雄平は辺りを見渡す。少し離れ

   た所にあるスマホを手に取り、非通知

   の画面を見て、電話に出る雄平。

雄平「……もしもし」

郁美の声「どうして私を殺したの?」

雄平「ひっ」

   雄平、郁美の死体を再び見る。

郁美の声「あなたの声が好き。だから、何度

 も電話する、あなたの声が汚い男の太い声

 にならないように、ずっとね」

   雄平、慌てて、青ざめた顔のまま、ス

   マホの電源を切る。

雄平「……な、何なんだよ……た、助けて」

   雄平、自分の膝を抱えて、顔をうずめ

   る。

   

○繁華街・情景(夕方)

T「3年後」

   ニット帽子をかぶり、マスクをした雄

   平(15)が鋭い目つきで、人ごみを

   逆らうようにして歩く。

   寺田が連れの女と歩いてきて、雄平と

   すれ違う。

   寺田、はっとした顔で振り返って、雄

   平の腕を取って、

寺田「君、雄平君だろ? あ、やっぱり!」

   寺田は雄平の顔をまじまじと見つめて、

   懐かしそうに笑う。

   雄平、寺田の手を振り払う。

寺田「……なんだよ、しゃべれよ。あ、3年

 も行方くらまして、どこに行ってたんだ? 

 君のお母さんとはあれから別れちゃったけ

 ど、憔悴しちゃって見てられなかったよ」

   雄平、下を向いて、考えるような顔を

   して、そして黙って立ち去る。

寺田「……おい、おーい」

   寺田は軽くため息をつくと、待ってい

   た連れの女の肩を抱いて歩き出す。

○繁華街・雑居ビル・外観(夜)

   麻雀カフェ、ライブハウス・クラブな

   どが入っている。

○同・同・ライブハウス(夜)

   客がまばらに席に着いている。

   やけに太った男が舞台の上に出てきて、

男「さあ、今夜は世にも奇妙なソプラノボイ

 スの持ち主、若干20歳の歌手が皆様をお

 もてなし致します」

   男が舞台袖のタキシード姿の雄平を手

   で案内する。

男「YOUです!」

   雄平がそろそろと舞台の真ん中に歩い

   ていく。

   雄平の脳内で声がする。

郁美の声「私のおまじない、毎日夜に電話し

 て、あなたの声が綺麗なソプラノでいられ

 ますようにってお祈りしてあげるから」

   雄平、空ろな目で、マイクの電源を入

   れる。安っぽいバックミュージックが

   流れ、雄平は顔を上げる。

   雄平が少年のソプラノボイスで歌を歌

   い始めると会場がわっと沸く。

郁美の声「だから、ずっと歌い続けて。私の

 カストラート