読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シナリオ☆おひとり雑技団

過去のシナリオ置き場です。無断転載はお断りしています。感想などはどんどん受付けています。

20枚シナリオ 『不安』

20枚シナリオ

 『リミット』

                   

 

☆人物

坂本 譲次(38)商社リーマン

西河 ミナ(28)坂本の愛人

坂本 良子(36)坂本の本妻

坂本 陸人(16)坂本の息子

佐藤 理香(40)坂本の愛人

佐藤 あや(6)坂本の娘

 

○3階建ての一軒家・坂本の家・玄関(朝)

   高級そうなスーツに身を包んだ坂本譲 

   次(38)が大きなキャリーケースを

   手に持ち、ドアを開ける。白いエプロ

   ン姿で、ばっちりメイクをした坂本良

   子(36)が笑顔で坂本を見送る。

   

○同・坂本の家・外観(朝)

   サングラスをかけた西河ミナ(28)

   がスマホ片手に坂本の家を見ている。

 

○古びたアパート・理香の家・外観

   キャリーケースを持って階段を上がっ

   ている坂本。

   金髪ロングヘアですっぴんの佐藤理香

   (40)がドアを開け、坂本を見て、

   笑顔で出迎える。

理香「お帰り、譲次!」

 

○理香の部屋・居間

   坂本、理香、佐藤あや(6)が、小さ

   な卓袱台の前に座って、素麺を啜る。

あや「パパ、お土産は? あや、お人形さん

 がいい」

坂本「お土産か、忙しくて今回は買ってこれ

 なくてごめんな」

理香「あや、ええ加減にしい。久々にパパに

 会えたのに、モノねだるなんてあかん」

坂本「いいんだよ。寂しかったか?」

   壁にかけられている坂本のスーツのジ

   ャケットでスマホが鳴る。

坂本「またか。インドの新しい工場長が使え 

 なくてね。ちょっと電話に出ていいか」

   理香が頷くのを見て、坂本、立ち上が

   り、ジャケットからスマホを取り出し、

   玄関から出て行く。

 

 

○コンビニ・内

   印刷機の前に立っているミナ。

   スマホを耳にあてている。

ミナ「話したいことがあって。うん、急にご

 めんね。明日? いやよ。今晩時間作って。

 お願い」

   ミナ、印刷機から写真を取り出す。

ミナ「ありがとう。じゃあ、後でね」

   

○シティホテル・705号室(夜)

   浴室から出てくる坂本。

   下着姿のミナはベッドから立ち上がり、

ミナ「フランス、ミナも行ってみたい」

   ミナ、坂本の首に手をまきつけ、口づ

   ける。坂本もそれに応え、2人はベッ

   ドに倒れこむ。

坂本「観光するにはいいけど、仕事だから」

ミナ「落ち着いたら旅行に連れていって」

坂本「とりあえず、抱かせろよ」

   ミナ、坂本からすり抜けるようにして

   ベッドからおりる。テーブルの上の自

   分の鞄を手に取り、写真を取り出す。  

坂本「それ、何」

   ミナ、写真をちらつかせて笑う。

ミナ「バツイチ子なし、って嘘じゃない?」

   坂本、青ざめて固まっている。

坂本「……俺のこと尾けたのか?」

ミナ「あなたが既婚者だって知ってたら、三

 年も付き合わなかった。結婚してくれるっ

 て言ったじゃない」

坂本「聞いてくれ。妻との間には愛はない。

 言えなかったのは君を愛しているからで。

 君とのことは、ちゃんとするから」

ミナ「ちゃんと? ねえ、私だけなの? こ

 んな風に何人も騙してるんじゃないの?」

   坂本、ミナに近づき、抱きしめる。

坂本「違うよ。ミナが一番だし」

   ミナ、坂本の体をおしのけて、

ミナ「あなたが嘘つきだって、その証拠をR

 宛に送ったわ」

坂本「R? 」

ミナ「証拠って何だと思う? あと、ネット

 の掲示板にも、あなたのこと晒しておい

 た。まあ、Rがそこに辿りつかないことを

 祈ってるわ。じゃ」

   ミナ、手早く身支度をし始める。

   坂本、ベッドにへたりと座りこむ。

 

○坂本の家・リビング(夜)

   ソファでプロ野球の試合を観ている坂

   本陸人(16)。家の電話が鳴り、

   渋々電話に出る陸人。

陸人「坂本です」

坂本の声「父さんだ。おい、母さんは」

陸人「え、風呂だけど」

坂本の声「そうか。何か変わったことはない

 か? 郵便物とか、そういうので」

陸人「何、いきなり。忙しいから切るよ」

   陸人、電話を切る。

   リビングに良子が入ってくる。

良子「電話?」

陸人「父さん」

良子「あら、珍しいわね。何て?」

陸人「さあ」

   

○スーパー

   レジの中で、商品のバーコードを読み

   とっている理香。

理香「合わせて、3450円になります」

ミナ「はあい」

   ミナ、理香をじろじろと見ている。

理香「あの、何か?」

ミナ「いえ。あの、つわりに効く食べ物、知 

 りませんか? って、いきなり聞いてすい 

 ません」

理香「おめでたですか。おめでとうございま

 す。私はすっぱいものとか口にしてました

 けど」

ミナ「じゃ、買いなおしてこよっかな。私、

 旦那が出張ばかりで、お産も一人になりそ 

 うで。いろいろ不安で、つい」

理香「それは心配ですね。お大事に」

   理香、去っていくミナの後ろ姿を首を

   傾げて見ている。

 

○理香の部屋・寝室(夜)

   理香とあやが一緒に寝ている。

   襖の隙間から見ている坂本。

 

○同・居間(夜)

   テーブルの上に広げられた郵便物。

   頭を抱えている坂本。

坂本「くそ、いつだ……」

   

○坂本家・リビング(夜)

   ピザの箱を3つ手に持った良子が部屋

   に入ってくる。困り顔で、ため息。

   ソファに座っている陸人、顔をあげて、

陸人「どしたの、それ」

良子「届いたのよ。でも、お母さん注文なん

 かしてないのよ」

陸人「嫌がらせだよ。母さん、どっかで恨み

 買うようなことしたんじゃ」

良子「そんなことしてないわよ。嫌ね」

陸人「それか、父さんか」

良子「お父さんはそんな人じゃありません」

陸人「仕方ないな。俺、食うわ」

   ピザの箱を良子から取り上げ、陸人は

   嬉しそうに食べ始める。良子、ため息。

 

○道(夜)

   キャリーケースをひいて歩いている坂

   本。耳にあてていたスマホを離す。

   スマホから『この電話番号は現在使わ

   れておりません』とアナウンス。

坂本「くっそ」

   目の前に坂本の家が見える。

 

○坂本の家・リビング(夜)

   机の上の、ピザの空き箱を見つめる坂 

   本。良子、頬に手をあててため息。

良子「初めてだわ、こんな嫌がらせ。あなた、

 心当たりある?」

坂本「いや……まあ、間違いだろう」

良子「これで無言電話とかまで来たら、本当

 に誰かがうちに嫌がらせで」

坂本「大丈夫だろう。気にしすぎだ」

良子「でも、どうして急に帰国したの?」

坂本「部下がヘマしたから埋め合わせだよ」

   陸人、振り返って坂本を見ている。

 

○理香の部屋・玄関(夕方)

   坂本が疲れた顔でドアを開ける。

   理香、かけよって、

理香「お帰り」

坂本「お客さん?」

理香「あ、そう。うちのスーパーのお客さん

 が倒れちゃって。妊婦さんで心配やから、

 とりあえずうちに」

坂本「人がよすぎるだろ、大丈夫か?」

   ミナがを手で押さえて姿を現す。

ミナ「旦那様ですか? すいません、お邪魔

 してしまって」

坂本「(ぎこちなく)いえ、大丈夫ですか」

ミナ「奥様がお優しくて、ご好意に甘えてし

 まいまして」

理香「困ったときはお互い様ですよ」

   坂本の胸ポケットでスマホが鳴る。

   坂本、慌てて、スマホを取り出す。

   着信は自宅から。坂本、出ない。

ミナ「旦那様、出なくてもいいんですか?」

   電話が切れ、今度は陸人からの電話。

理香「あ、西河さん、お茶入れましたから」

   理香、ミナを連れて居間に戻る。

   坂本、スマホを持って、玄関を出る。

 

○アパート・理香の部屋の外

   坂本、スマホで電話している。

陸人の声「父さん、家に早く帰ってきて!」

   坂本、理香の部屋を振り返る。

坂本「い、いま、と、取り込んでいて」

陸人の声「俺たちとそっち、どっち取るんだ

 よ。母さんが……」