読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シナリオ☆おひとり雑技団

過去のシナリオ置き場です。無断転載はお断りしています。感想などはどんどん受付けています。

20枚シナリオ『窓』

『ママ未満』

 

☆人物

秋田 風太(42)不妊治療中の夫

秋田 加奈子(38)秋田の妻

二宮 悟(29)B棟の住人

二宮 祐子(24)二宮の妻

二宮 レイ(1)二宮の息子

田所 有馬(47)不妊治療クリニックの医師

 

公営住宅A棟~前の歩道(朝)

   スーツ姿の秋田風太(42)がゴミ袋を持って、階段を下りてくる。

   引っ越し用トラックが停まっている。

   B棟から二宮悟(29)が出てきて、引っ越し業者の男と言い争っている。

   秋田はちらっと二宮を見て、そのまま

   会社へと向かう。

   

公営住宅A棟・秋田の自宅・リビング

   秋田加奈子(38)がテーブルの上の婦人体温計を睨んでいる。

   加奈子、深い溜息をつく。

   子供の泣き声が聴こえ、加奈子は顔をあげる。そして、立ち上がり、窓のカーテ

   ンをめくり、外を見る。

   向いのB棟、3階の部屋、ベランダで

   泣いている二宮レイ(1)と、大きい声で叱りつけている二宮祐子(24)。

   レイは大きな目に涙を浮かべている。

   加奈子は、カーテンをさっと閉める。

加奈子「…あんなに叱らなくてもいいのに…」

 

不妊治療専門クリニック・診療室

   白衣の田所有馬(47)の話に耳を傾けている秋田と加奈子。

田所「AMH検査の結果、卵巣機能が実年齢よりもちょっとアレなんですよね…」

  加奈子、沈んだ顔で俯く。

秋田「…あの…治療できるとしたら、どんなことがあるんでしょうか」

田所「妊娠しないわけじゃないんです…ただ、自然妊娠の可能性は低いですね」

   田所はパンフレットを秋田に手渡す。

秋田「…高度治療ですか」

加奈子「…体外受精だと…結構しますよね…」

田所「…一回40万程度を見てもらえれば」

加奈子「…40万…」

秋田「…可能性があれば賭けてみたいよな…な、加奈子」

   加奈子、パンフレットに目を落としたまま、返事をしない。

田所「…トライするなら早めがいいですよ」

   秋田、力強く頷く。

 

公営住宅A棟・秋田の自宅・寝室(夜)

   秋田、加奈子、ベッドの上で並んで座っている。

秋田「俺…やる気出てきた…とにかく精のつくもん食べて、元気な精子を出してみせる」

加奈子「…うん…」

秋田「どうしたんだよ」

加奈子「…もう5年だよ…あと何年続くんだろう」

秋田「…納得するまで続ければいいさ…お金なら俺が稼ぐよ、馬車馬のように」

   子供の泣き声が聞こえる、加奈子、立ち上がり、窓のカーテンを開けて、外を見

   る。

秋田「…うるさいよな…たぶん最近引っ越してきた若い連中だろう」

加奈子「…あの人、いつも苦しそう」

秋田「…え?知り合いになったの?」

加奈子「ううん…でも、よく子供が泣いてるから…ママになれたのに、あんな嫌そうな顔ばかりして…私ならあんな顔しないのに…世の中不公平だよ」

   加奈子はぴしゃっとカーテンを閉める。

秋田「…体外受精に賭けよう」

   加奈子は秋田の方を見て、頷く。

   秋田はベッドに戻ってきた加奈子をぎゅっと抱きしめる。

 

公営住宅A棟~前の歩道(朝)

   秋田がスーツ姿で出てくる。

   二宮がふらふらとB棟のほうに歩いていくのを見かける秋田。

秋田「…朝帰りかよ」

   秋田、二宮の後ろ姿を睨みつけるが、腕時計を見て、急いで歩いていく。

 

公営住宅内の公園

   加奈子、ベンチに座ってぼーっとしている。

   祐子がレイをベビーカーに乗せて公園にやってくる。

   加奈子は立ち上がり、去ろうとする。

   祐子、加奈子に声をかける。

祐子「あの、いつもすいません」

   加奈子、びっくりして振り返る。

祐子「…A棟の方ですよね…あの、子供がいつも泣いて…うるさくてすいません」

  祐子、加奈子に頭を下げる。

加奈子「い、いえ…そんな…」

祐子「公営住宅はファミリー向けって聞いてたんですけど…もっと子供が多いかと思ってたらそうでもないですね…」

   レイは指を咥え、祐子を見上げている。

   祐子はレイの手をぴしゃっと叩く。

加奈子「…子育てって大変ですか?」

祐子「…旦那が何もしてくれなくて…実家にも帰れないし…人様に迷惑かけちゃいけな

い…そればかり考えてます…」

   レイ、加奈子のほうに手を伸ばす。

レイ「ちゃ、ちゃ」

   加奈子、恐る恐るレイのほうに手を伸ばす。レイは加奈子の指を掴んで離さな

   い。

祐子「こら、レイ」

加奈子「いいんです…指…可愛いですね」

   祐子、ほっとしたように笑う。

   加奈子、レイに指を握られたまま立っている。

 

不妊治療専門クリニック・診療室

   笑顔の田所。秋田と加奈子は涙を流している。

 

公営住宅A棟・秋田の自宅・リビング

   ソファに座って編み物をしている加奈子。秋田はソファで寝ている。

   子供の泣き声を耳にして、立ち上がる加奈子、窓のカーテンをめくり、B棟のほ

   うを見る。

加奈子「あなた、ちょっと来て!」

   風太、慌てて窓のほうに行く。

   B棟の二宮の家のベランダに、祐子とレイ。祐子は窓をどんどん叩いている。レ

   イは泣きじゃくっている。

秋田「こんな真冬に外に締め出したのか?!」

加奈子「祐子ちゃんのお部屋303だから、お願い、あなた行ってきて!私、警察呼ぶ

から」

秋田「分かった!」

   秋田、慌ててリビングを出ていく。

   加奈子、窓を開けて、大きな声を出す。

加奈子「祐子ちゃん!今、警察呼ぶから!!」

   祐子、加奈子に気が付き、目に涙を浮かべて、レイを強く抱きしめている。

   加奈子、部屋に戻り、電話をかけようとする。

   急にお腹を抱えてうずくまる加奈子。

   はっとして、お腹を見つめるが、腹痛に顔を歪めながらも警察に電話する。

加奈子「すいません、知り合いが夫に暴力を受けているようで…至急来てください…」

  背中を丸めて、警察との電話を続ける加奈子の後ろ姿。

 

公営住宅B棟・二宮の自宅・玄関・外

   二宮がドアを半開きにして、目の前の秋田を睨みつけている。

二宮「だから、お前には関係ねえって言ってるだろ?」

秋田「祐子さんは妻の友人だ!早く、祐子さんと息子を家の中に入れてやれ」

二宮「しつけだよ!嫁と子供をどうしようが俺の勝手だろうが」

   秋田、二宮の頬めがけてパンチを食らわせる。二宮、後ろに倒れ込む。秋田、拳

   をさすりながら、急いで中に入る。

 

公営住宅A棟・秋田の自宅・リビング

   うつ伏せになってぐったりしている加奈子。

   ドアを開けた秋田、びっくりして駈け寄る。

秋田「加奈子!!」

   加奈子の目から涙が零れ落ちる。

 

○ペットショップ 

   子犬がケージ越しにじゃれていて、その前で微笑んでいる加奈子。

   秋田はその後ろで加奈子を見ている。

秋田「…なあ、本当にいいのか」

加奈子「…私、決めてたんだ…40歳になったら…切り良くやめようって」

秋田「…一回うまくいったんだから…また、頑張ればいいじゃないか」

   加奈子は振り返って笑う。

加奈子「…あなたがいてくれるから…私はそれだけで幸せ。…子供がいない人生を…ちゃんと考えていこうと思う…」

秋田「俺は加奈子が幸せなら…それだけでいい。何も要らないよ…」

   加奈子、子犬を再び見つめる。

加奈子「…あの時ね…私、一瞬ママの気分だったの…誰かを守りたい、そんな強い気持ちを持てた…お腹の子が勇気をくれたんだと思う…私、ママだったよ」

秋田「うん、そうだね…」

加奈子「ねえ、この子、さっきから私のことずっと見てる」

   秋田は加奈子の隣に並んで立つ。

加奈子「…うちの子になりたいのかな?」

   子犬は嬉しそうに尻尾を振っている。

秋田「…加奈子、こいつにべったりになって、俺のことどうでもよくなったりしない?」

加奈子「やきもち焼くの早いよ、パパ」

   加奈子の笑顔につられ、秋田も笑顔になる。

   秋田と加奈子、子犬を見つめている。