読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シナリオ☆おひとり雑技団

過去のシナリオ置き場です。無断転載はお断りしています。感想などはどんどん受付けています。

20枚シナリオ『卒業』

20枚シナリオ

ワスレナグサ

 

☆人物

里中 瑛美(48)保育士

里中 新(46)瑛美の夫

里中 咲(18)瑛美の娘

里中 保(15)瑛美の息子

藤木 淑子(69)認知症患者

藤木 利恵(44)淑子の娘

植田 吾郎(55)集いの会主催者

田辺 ゆう(28)瑛美の同僚

江藤 由香里(35)瑛美の同僚

野原 小夏(30)保育園の利用者

野原 雅弥(3)園児

  

 

○保育園・園庭(朝)

   保育園の玄関先で、野原小夏(30)と泣きすがる野原雅弥(3)。

   里中瑛美(48)が出てきて、雅弥を抱きあげ、小夏から荷物を受け取る。

瑛美「いってらっしゃーい。まあ君、お友達待ってるからね」

  雅弥を横目に急いで仕事に向かう小夏。

  瑛美は雅弥と保育室に向かう。

 

○保育園・保育室内

   園児たちが昼寝をしている。

   瑛美、田辺ゆう(28)、江藤由香里(35)は事務作業をしている。

ゆう「あれ、ゆう君の連絡帳がない…」

瑛美「あ、もらうの忘れちゃった」

由香里「瑛美さん、最近物忘れ多いけど、大丈夫?」

瑛美「下のこと上の子が受験生で家が大変なのよ。とはいえ、忘れちゃだめだけど」

由香里「シフト調整しますか?」

瑛美「大丈夫よー子供たちの笑顔見てたら元気になっちゃうから」

   瑛美、連絡帳の日付の欄に書き込もうとして黙り込む。

瑛美「…あれ、今日、何日だっけ…」

 

○里中家・リビング(夜)

   里中新(46)、瑛美、里中咲(18)、里中保(15)が夕食を食べてい

   る。

咲「ママ、そこにあった願書どこにしまった?明後日までに出さなきゃなんだけど」

瑛美「え…知らないわよ」

咲「知らないわけないじゃん、大事なものだから目立つとこに置いておこうってそこ

 に」 

保「そういうことはもう自分でしなきゃ」

咲「えらそーな口たたくな、ボケ」

瑛美「ごめんね。探しておく」

咲「最近ママよく忘れるよね、病院とかいかなくて平気?」

瑛美「毎日幼児たちに会って元気にお世話してるんだから、健康そのものよ」

新「…病院、念のために行ったら?」

瑛美「え、そんなに忘れてる?」

新「…この味噌汁、味噌が入ってないぞ…」

保「新しい減塩料理なのかと思ってた」

   新は心配そうに瑛美を見る。

 

○保育園・園庭(朝)

   里中と由香里が立って話している。

里中「本人は…まだ働きたい気持ちがあるようなのですが…とても…」

由香里「今はおうちで療養中なんですか?」

里中「下手に外出させると…迷子になるんです。何度も警察や近所の方にお世話

 に…」

   保育園の玄関の奥で、二人が話しているのを覗いている雅弥。

 

○里中家・台所

   メモ帳に具体的な指示が書かれており、至るところに貼られている。

   咲がメモ帳に何かを書き、冷蔵庫に張り付ける。

   保が台所に顔を覘かせる。

保「…ねえ、ママは?」

咲「パパと『集いの会』だって」

保「…大丈夫かな…ああ、久々にオムライスが食べたい」

咲「贅沢言うな」

 

○市民センター・セミナールーム

   植田吾郎(55)の周りに、円になった椅子に患者が座っている。患者の家

   族はその周りの椅子に座っている。

   瑛美は下を向いて、ハンカチを握っている。

   瑛美の隣に座る藤木淑子(69)は、瑛美のほうを向く。

淑子「大丈夫よ。ここはあなたと同じような人しかいないから。リラックスしてね」

瑛美「あ…はい」

植田「本日は集いの会にお集まりいただき、ありがとうございます。では早速です

 が、ご家族様はこちらに…」

   里中は瑛美のほうを心配そうに見ながら部屋を出る。

   藤木利恵(44)は淑子の肩をぽんと叩く。

利恵「おかあさん、あんまり仕切りすぎちゃだめよ」

淑子「そんなことしないわよっ」

   植田は患者たちに向き合って話し出す。

植田「さあ…まずは自己紹介からにしましょうか」

 

○同・喫茶店(夕方)

   淑子と瑛美が向かい合ってコーヒーを飲んでいる。

淑子「瑛美さんは若いうちから…辛いわね」

瑛美「…あまりに突然で…」

淑子「私はね、孫も抱いたし、いつ死んだっていいくらいだけど…」

瑛美「…毎日…足りなくなっていくんです、生活をするための基本的なことが、些細

 なことが分からなくなって…」

淑子「私は、大事な娘を傷つけていて、しかも、それを覚えていなくて。別の自分が

 いるみたいよ。自分が自分でなくなっていく」

瑛美「…これから認知症は高齢者の5人に1人がなるってニュースで言っていまし

 た。いずれ家族で背負いきれなくなるのでしょうね…」

淑子「私ね、最近思うの。本当の本当にすべてを忘れてしまう前に、ちゃんとお別れ

 を、頑張ってきたこと、覚えているものに卒業をしたいって。この集いでね」

瑛美「卒業…何からのですか…」

淑子「なんだろう…私自身かな。…旅館の女将としての毅然とした私か

 ら…」       

瑛美「長年保育士をしてきたのに、今では子供たちの名前もろくに思い出せない…子

 供たちに歌った童謡を歌ったりリハビリはしていますが…」

淑子「諦めてはだめよ…だって、あなたの家族はあなたに覚えていて欲しいんだも

 の」

瑛美「でも…私はいつか全てを忘れてしまいます」

淑子「…そう、だからこそ、卒業しておかなくちゃいけないのよ」

 

○葬儀場

   葬儀場から傘を差しながら、会場の外に流れ出ていく黒服の人たち。

   その中に、里中と瑛美の姿。

   利恵が二人を追いかけてくる。

利恵「わざわざありがとうございました」

里中「いえ。瑛美が世話になりましたから」

   瑛美は里中のほうを見て、きょとんとする。

利恵「瑛美さん、今日はあいにくの天気の中、ありがとうございました」

瑛美「いえ…主人のお知り合いと聞いて」

利恵「そうですね…」

   里中と利恵は目を合わせる。

利恵「あの、これ、母からです」   

   利恵は里中にDVDのディスクを渡す。

里中「…ありがとうございます」

利恵「ずっと私も母もしんどかった。…これを見ると何故だか…母が愛おしくて」

   涙ぐむ利恵に、瑛美はすっとハンカチを差し出す。

瑛美「仲の良い母娘でいらしたんですね」

 

○里中家・リビング(深夜)

   暗闇の中、テレビの明かりが瑛美の顔を照らす。近くで瑛美を見守る里中。

   テレビの画面には、集いでの淑子の卒業式の様子が流れている。

淑子「明日には私でなくなるかもしれない、だから、今日私は私を卒業します」

   瑛美は微動だせず、画面を見つめる。

淑子「私が私を失っても、傍にいてくれるだろう家族に、利恵に最大の感謝を伝えた

 い」

   瑛美の目から涙がこぼれる。

   里中は瑛美の肩にそっと手を置く。

 

○道

   新緑の中、瑛美と里中、咲、保が歩いている。

   向いから、小夏と雅弥が手を繋いで歩いてくる。

雅弥「あ!えーみせんせ!」

瑛美「……」

里中「あ…えっと…」

   瑛美は屈み、雅弥の顔をじっと見る。

瑛美「…まあ君」

   里中、咲、保はびっくりする。

雅弥「せんせ、ぼく、もうランドセルなの」

瑛美「大きくなったのね。おにいさんね」 

   瑛美はそっと雅弥を抱きしめる。

小夏「…まあくん、いこっか。先生、また」

瑛美「はい、さようなら」

   雅弥は瑛美に手を振りながら去る。

里中「瑛美…」

咲「ママ…覚えてるの?」

瑛美「…咲、保。…新でしょ」

咲「…名前…間違ってない…」

瑛美「間違わないわよ、もう。さあ、帰ってお夕飯にしましょう。特製オムライス」

保「お、俺、大盛りで!」

里中「…俺はなんもいらない。これ以上は…」

   里中の目から涙がこぼれる。

瑛美「…忘れないうちに、帰りましょう」

   瑛美はにっこりと笑って見せる。

   里中は瑛美の手を握る。

里中「…俺たちが代わりに全部覚えてるから…安心していいよ」

   瑛美、咲、保、家に向かって肩を並べて歩いていく。